無料ブログはココログ

« 義久兜 | トップページ | カキ、リンゴ »

2011年10月 6日 (木)

利家かぶと

Img_2394 利家かぶと(Helmet 浜田勇さん創作)です。戦国武将の前田利家が被っていた兜です。370mm*370mmの紙(金・紺色の両面)一枚で作りました。一昨日、昨日と同じく、『戦国武将の時代折り紙』(浜田勇著:日貿出版社)という本を見て作りました。この本には、他にも武田信玄・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・伊達政宗・真田幸村・加藤清正などの武将の兜も載っているので、五月の節句までにはほかの幾つかにも挑戦してみたいと思っています。また、この本には各戦国武将の経歴・領地・などの説明が載っているので、時代背景や武将達の関係性などがよくわかり、とても参考になりました。

« 義久兜 | トップページ | カキ、リンゴ »

コメント

ぽんぽこさんへ
返信、遅くなりました。
平かぶと、義久、利家、いいですね。
コメント(この本には各戦国武将の経歴・領地・などの説明が載っているので、時代背景や武将達の関係性などがよくわかり、とても参考になりました)もうれしいです。編集したかいがあるというものです。浜田先生も喜ぶでしょう。
これからも、浜田勇作品の制作、期待しています。
ところで、これら、ぽんぽこさん制作のかぶと、九州での展示はいかがだったですか。
もし、よろしければその時の様子を教えていただければ、と思います。ふくら。

ふくらさん、コメントありがとうございます。普段、あまりコメント欄をチェックしていないので、返事が遅くなり申し訳ありません。

さて、「兜」の展示の件ですが、作品展の形式ではなく、カルチャーセンター文化祭の折紙体験コーナーのテーブルの上に置いていました。福岡県北九州市の「黒崎宿場まつり」と協賛で、黒田二十四騎の武士が鎧兜で練歩くイベントもあったので良いテーマだと思いました。兜の折り紙を見た方には、興味を持たれて「作りたい」とおっしゃった方もいました。そのとき、浜田先生の本の宣伝もしました。

五月の節句までには、他の作品も作りたいと思っています。では。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 義久兜 | トップページ | カキ、リンゴ »