無料ブログはココログ

« 鏡もち | トップページ | ダルマ »

2012年11月28日 (水)

シシマイ

Img_2998 獅子舞(ししまい:朝日勇さん創作)です。顔と体はそれぞれ(150mm*150mm)の両面折紙一枚で作りました。獅子の体に使う模様の紙を近くの商店で探しましたが見つからなかったので、仕方なくインターネットで探しました。イメージとしては、左側の模様が小柄で全体に配置されているです。

私が教えている折紙教室の子どもさんに獅子舞を知っているか聞きましたが、「わからない」という答えでした。最近は獅子舞を見ることが減ったので、知らない人が増えているようです。ちなみに、広辞苑で調べた意味を載せておきます。

獅子舞:獅子頭をかぶって行なう舞。唐から伝わり、舞楽として演奏したが、後に変容して太神楽(だいかぐら)や各地の祭礼などで、五穀豊穣の祈祷や悪魔払いとして、新年の祝いに行なわれるようになった。

今回の作品の折り方は『親子で作って、遊んだり、飾ったりできる 折って楽しむおりがみ』(パッチワーク通信社)に載っています。

« 鏡もち | トップページ | ダルマ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鏡もち | トップページ | ダルマ »