無料ブログはココログ

« サンタの長靴 | トップページ | 小さな一輪ざし »

2013年12月27日 (金)

めで鯛

Img_3480 めで鯛(布施知子さん創作)です。150mm*150mmの紙二枚で作りました。頭・尾をそれぞれ一枚の紙で作って組み合わせ、目にはシールを貼りました。

画像上段と中央の鯛は両面折紙で作りました。図柄が面白い紙で幾つか作りましたが、頭の部分には裏面が出るので、裏が白い紙で折ると目のシール(白い部分)が目だたないので、両面折紙がオススメです。

話は変わりますが、以前見たテレビのクイズ番組で「尾頭つき」の意味を聞かれていましたが、頭・尾がついた一匹の魚を知っている方少ないのは驚きました。私の近くの魚屋さんでは魚を購入した後、目の前で捌いて刺身や切り身にしてくださいます。都会のスーパーではパックに入った切り身の魚しか見たことのない子どもさん達が多いという話です。

今回の作品の折り方は『暮らしを彩る おりがみの贈り物』(布施知子著:いしずえ)に載っています。この本の説明には「えびす様のかかえている、尾頭つきのおめでたいタイです。頭は伝承の「かぶと」を応用しました」と書かれています。素敵なデザインの作品だと思いました。

« サンタの長靴 | トップページ | 小さな一輪ざし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンタの長靴 | トップページ | 小さな一輪ざし »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31