無料ブログはココログ

« デンデン虫の箱 | トップページ | カップケーキ、エクレア、プレート »

2015年7月23日 (木)

ヒマワリ

Img_38841ひまわり(ニルバ・フィーナ・ピラン(Nilva Fina Pillan)さん創作)です。150mm*150mmのひまわり色の和紙に75mm*75mmの模様の付いた和紙を貼りました。和紙の模様が向日葵(ひまわり)の種に見えました。

この紙を「ざぶとん折り」をしてから折り進めました。本の編者の川崎さんが「いち押しの作品です。平たく折りたたんだものが、少しずつ開いてひまわりになります。まるでマジックです」と書かれていますが、全く同意見です。素晴らしい作品だと思います。最後に、ひまわりを伝承の葉の上に置きました。
このひまわりは以前にもこのブログで紹介しましたが、この季節になると必ず作りたくなります。
話は変わりますが、先日のテレビで倉敷中央病院の入社試験がユニークという話題が取り上げられていました。「15mm四方の小さな紙を使って15分間で何羽の鶴が折れるか」という問題でした。お医者さんの試験なのでピンセット使用はOKという事でした。ユニークな試験ですが、折り紙が取り上げられるのは面白いと思いました。
今回の作品の折り方は『博士の折り紙 夢BOOK』(川崎敏和著:朝日出版社)に載っています。

« デンデン虫の箱 | トップページ | カップケーキ、エクレア、プレート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デンデン虫の箱 | トップページ | カップケーキ、エクレア、プレート »