無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月23日 (金)

小さなギフトBOX

Img_39451小さなギフトBOX(SMALL GIFT BOX 山梨明子さん創作)です。両面折紙(150mm*150mm)一枚で作りました。18工程で出来ました。このサイズの紙で作ると、小さいマッチ箱位で可愛い素敵な作品だと思います。

画像の右側は開いた状態です。中にプレゼントやメッセージを入れたりと、実用的な作品です。箱なので、ふつうの単色折紙よりも、コシのある紙でシッカリと折り目を付けて作る方が良いとおもいます。
今回の作品の折り方は『オリガミ・ボックス かわいい! 使える! 不思議な箱がいっぱい!』(山梨明子著:日貿出版社)に載っています。
この本には1枚折りの箱、2枚組の箱、キャラクターBOX、、いろいろな形の箱など、山梨明子さんの作品がたくさん載っているのでお勧めです。

2016年9月22日 (木)

菊の花の楊枝入れ

Img_39441菊の花の楊枝入れ(Toothpick-holder with a chrysanthemum 藤本祐子さん創作)です。両面折紙(150mm*150mm)一枚で作りました。折り方は、全部で26工程です。黄色・緑色のシンプルで素敵な作品だと思います。

菊の花言葉は、赤色は「私は愛する」、黄色は「軽んじられた恋」、白色は「真実」だそうです。『ジーニアス英和辞典』の英語の説明で知りました。
今回の作品の折り方は『月刊おりがみ2014年9月号No,469』(日本折紙協会)に載っています。

2016年9月19日 (月)

マツタケの楊枝入れ

Img_39431松茸の楊枝入れ(Matsutake mashroom toothpick‘s holder 藤本祐子さん創作)です。150mm*150mmの紙一枚で作り、高さ65mm、かさの幅75mmの松茸が出来した。17工程で出来ました。実用的で素敵な作品だと思います。

右側の松茸には楊枝を差し入れました。
松茸とは、香り高い食用キノコです。主産地は広島、岡山、京都などで吸い物、蒸し焼きにすると美味しいですが、近年は値段が高いので 「香り松茸、味シメジ」の言葉にように、シメジを味わっています。
食の医学館には「食用キノコではダントツのがん防止率を誇る、天然ものしかないキノコの王様。生きた木の根に共生するキノコで栽培法が確立されていないため、すべてが天然ものです」と書かれています。
今回の作品の折り方は『月刊おりがみ2014年10月号』(日本折紙協会)に載っています。

2016年9月16日 (金)

キキョウ

Img_39401桔梗(ききょう:北村恵司さん創作)です。花は大(120mm*120mm)、小(100mm*100mm)の紙を正五角形に切り出しました。その紙で花を作りました。

花芯は大(25mm*25mm)、小(20mm*20mm)の紙で作りました。葉は50mm*50mmの紙で作りました。年長者の方々にも簡単に作れるように、「凧の基本形」から作りました。
桔梗は、夏秋の頃、茎の先端に青紫色または白色の美しい5裂の鐘形花を開きます。果実は蒴果(さくか)で、山地・草原に自生し秋の七草の一つです。(広辞苑より)
今回の作品の折り方は『ぜったい折れる かんたんおりがみ』著者:北村恵司(グラフ社)に載っています。

2016年9月14日 (水)

たとう

Img_39411たとう(畳紙の略)を3点作りました。いずれも、150mm*150mmの大きさの紙で作りました。上段の左側は、右側の「たとう」を開いた上に色画用紙を直径7センチ」に切り置きました。

その中に置いてあるのは伝承のウサギです。左側は75mm*75mm、右側は60mm*60mmの紙一枚でそれぞれ作りました。赤い色の面を内側に「凧の基本形」から折りはじめました。耳の部分を鋏で切り、裏側の赤い面が出るのが面白いと思います。明日が「中秋の名月」ということなので作りました。シンプルで素敵な作品だと思います。
下段の二点も「たとう」の作品です。折りたたんだ状態を開くと左上のように、簡単な、時期に合った作品を入れられるのでお勧めです。
今回の作品の折り方は『暮らしの折り紙130点』(ブティック社)に載っています。

2016年9月11日 (日)

ブドウ

Img_39391葡萄(ぶどう:朝日勇さん創作)です。ぶどうの実は60mm*120mmの紙一枚で作りました。長方形の紙で作るので一枚で二房の実が出来るのは素晴らしいと思いました。8枚で16房の葡萄を作りました。

葉は120mm*120mmの紙一枚で作りました。葡萄(ぶどう)、葉を折り紙で作ってから、色紙(しきし)に貼りました。
このブログを久しぶりに書きました。涼しくなり、簡単な作品から折り紙を作って行きたいと思っています。
今回の作品の折り方は『おりがみ通信 VOL,6』(パッチワーク通信社)に載っています。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »