無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

門松(長谷川太市郎さん創作)

Img_39791門松(かどまつ 長谷川太市郎さん創作)です。門松は両面折紙(150mm*150mm)一枚で作りました。21工程で出来ました。巻菰(まきこも)は75mm*75mmの紙一枚で作りました。12工程で出来ました。最後に、門松と巻菰を組み合わせました。

門松とは、正月に門口に建てる松のことで、門木(かどき)、お松様とも言われています。本来は年神(としがみ)を迎えるための依代(よりしろ)で、ナラ、ツバキ、トチノキ、スギ、竹、ホオノキ、ミズキ等も用いられます。12月13日に山から採ってくるのを松迎えといいます。門松を飾る期間は7日や小正月までとされていて、小正月にこれを焼く風も広く行われているそうです。(百科事典マイペディア)より。
私は、松以外の門松を見たことはありませんでした。暮れになるとデパートなどに一対の門松が飾られているのを見ます。
今回の作品の折り方は『暮らし、はなやかに。素敵な実用折り紙』(長谷川太市郎著:日本文芸社)に載っています。

2016年11月29日 (火)

にわとり・ひよこ(北村恵司さん創作)

Img_39781にわとり・ひよこ(北村恵司さん創作)です。左側はおんどりで、8工程で出来ました。、右側はめんどりで、10工程でできました。どちらも150mm*150mmの紙一枚で作りました。

中央はひよこで、8工程で出来ました。75mm*75mmの紙一枚で作りました。
今回の作品の折り方は『日本のおりがみ』(北村恵司著:グラフ社)に載っています。この本には、この「とり」の他の動物と合わせて12支(ねずみ・うし・とら・うさぎ・たつ・へび・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・いのしし)も載っています。

2016年11月28日 (月)

鶴の器(竹尾篤子さん創作)

Img_39771鶴の器(竹尾篤子さん創作)です。両面折紙(150mm*150mm)一枚で作りました。折り方は、正方基本形から21工程で出来ました。

画像左側、中央は金、銀が内側になるように正方基本形を折りました。右側は赤い面を内側に折りました。今回の紙は、『DAISOのメタリックちよがみ(金・赤)、(銀・赤)各10枚入り』を使いました。
今回の作品の折り方は『暮らし、はなやかに。素敵な実用折り紙』(長谷川太市郎著:日本文芸社)に載っています。

2016年11月27日 (日)

サンタの正四面体箱(山口真さん創作)

Img_39761サンタの正四面体箱(Santa Claus Tetrahedron Box 山口真さん創作)です。本体(150mm*150mm)、顔(ストッパー)は75mm*75mmの紙一枚でそれぞれ作り、組み合わせました。本体は25工程、顔は13工程で出来ました。

画像左側は赤色の折紙、右側は金色の折紙で作りました。箱なので、金色の少し厚みのある折紙で作った方がシッカリと出来ました。
今回の作品の折り方は『端正な折り紙』(山口真著:ナツメ社)に載っています。

2016年11月26日 (土)

サンタさんとツリーのピックケース(藤本祐子さん創作)

Img_39751サンタさんとツリーのピックケース(藤本祐子さん創作)です。ツリー(Tree-shaped pick holder)は150mm*150mmの紙一枚で作りました。幹の部分は茶色折紙を貼りました。☆はクラフトパンチで作りました。13工程で出来ました。

サンタさん(Santa-shaped pick holder)は19工程、袋をもったサンタさんは25工程で出来ました。
サンタさん、ツリーのポケット部分に爪楊枝を入れました。どちらも裏側三角の部分を使って立たせています。
今回の作品の折り方は『月刊おりがみ』2013年12月号(No,460)に載っています。

2016年11月24日 (木)

大きな帽子のサンタ(小松英夫さん創作)

Img_39741大きな帽子のサンタ(Santa Claus With Large Hat 小松英夫さん創作)です。左側のサンタクロースは69工程で出来ました。中央は足パーツ(Leg-shaped stand)です。9工程で出来ました。

作者の小松さんは「一応足無しでも作品として完結しているつもりですが・・・」と書かれています。足パーツはオプションとして作られています。右側は組み合わせて作りました。
今回の作品の折り方は『第20回記念折り紙探偵団国際コンベンション 折り図集』(日本折紙学会)に載っています。

2016年11月23日 (水)

ATCのためのサンタ(小松英夫さん創作)

Img_39732ATCのためのサンタ(Santa Claus for Artist Trading Cards 小松英夫さん創作)です。150mm*150mmの紙一枚で作りました。画像の左側の横向きカードは、25工程で出来ました。右側は22工程から折り方に変化を付けて、正面向きの顔を作りました。ATCサイズに使うには75mm*75mmの紙で作ると良いです。

ちなみに、ATCの説明についてはhanakoさんのブログをご覧ください。
今回の作品の折り方は『第20回記念折り紙探偵団国際コンベンション 折り図集』(日本折紙学会)に載っています。

2016年11月21日 (月)

サンタクロース(峰尾翔太朗さん創作)

Img_39721 サンタクロース(Santa Claus 峰尾翔太朗さん創作)です。150mm*150mmの紙一枚で作りました。21工程で出来ました。この作品は、帽子・顔・体・袋が一枚の紙で表現されているのが素敵だと思います。
話は変わりますが、11月15日の日本経済新聞に「家庭紙、日本製に折り鶴マーク」という記事が載っていました。家庭紙とは、ティッシュペーパーやトイレットペーパーなど、家庭で使われている紙のことです。その日本家庭紙工業会が14日に、日本製家庭紙・新マークお披露目会を開いたそうです。記事には、そのマークについて「日本伝統の折り鶴と、清らかな水を表現した3本線を重ねたデザイン。家庭紙工業会の会員企業38社が原紙から商品まで一貫して国内で製造したものに付与する。既に一部のティッシュペーパーやトイレ紙でマーク付きの商品が売られている」と書かれていました。折り鶴がデザインに使われていて、うれしく思いました。
今回の作品の折り方は『第20回折り紙探偵団国際コンベンション 折り図集』(日本折紙学会)に載っています。

2016年11月17日 (木)

トウシューズ

Img_39711トウシューズ(Toe shoes ふたわたり昌子さん創作)です。100mm*150mmの紙一枚で片方の靴を作りました。6,25mm*150mmの紙一枚でリボンを一本作りました。画像の右側は二本のリボン(青色)で、30工程で出来ました。左側は以前購入した紙で作りました。右側は100均で購入した紙で作りました。

バレエのことは詳しくないのですが、昨日の本経済新聞夕刊に「白鳥の湖」に2通りの結末があると書かれていました。王子ジークフリートと王女オデットがともに身投げして天国で結ばれるものと、愛の真実によって悪魔ロートバルトを打ち破り、魔法を脱して現世で結ばれるというものの二つだそうです。近くでバレエの上演を見る機会がないので、NHKのEテレやWOWOWなどのテレビ放送があれば良いと期待しています。
今回の作品の折り方は『月刊おりがみ2014年11が都合No,471』に載っています。

2016年11月16日 (水)

関取

Img_39691関取(Sumo wrestler 土戸英二さん創作)です。頭(Head)は75mm*75mm、体(Body)は150mm*150mmの紙一枚でそれぞれ作り、組み合わせました。頭は19工程、体は22工程で出来ました。

大相撲(すもう)九州場所(11月13日~)が始まりました。15日間の熱戦が続くと思います。それで関取を作ってみました。
関取(せきとり)とは、十両以上の力士のことで、幕下以下の付け人がつき、土俵入りに出場し、取りまわし、稽古まわし、さがりなども幕下以下とは違うものを用います。さらに大銀杏を結うことが許され、月給、褒賞金をもらえるようになるそうです。(ブリタニカより)
今回の作品の折り方は『月刊おりがみ2014年11月号 No,471』に載っています。

2016年11月15日 (火)

サンタクロース

Img_39681サンタクロース(Santa Claus 長谷川太市郎さん創作)です。サンタさんは(頭・体)、(足・袋を)それぞれ一枚の紙で作り、組み合わせました。

頭・体は20行程、足・袋は11行程で出来ました。立体的で素敵な作品だと思います。
クリスマスツリーの葉の上段は100mm*100mm、中段は120mm*120mm、下段は150mm*150mmの紙一枚でそれぞれ作り、組み合わせました。幹は150mm*150mmの紙一枚で、鶴の基本形から作りました。雪が吹き付けたように表現されているのが素晴らしいと思います。
今回の作品の折り方は『素敵な実用おりがみ』(長谷川太市郎著:株式会社日本文芸社)に載っています。

2016年11月14日 (月)

サンタクロース

Img_39671サンタクロース(Santa Claus 小松英夫さん創作)です。38工程で出来ました。帽子、顔、体が一枚の紙で表現されている素敵な作品だと思います。

この作品の紹介文に「小松氏のシャープな造形をお楽しみください。左側に袋を背負った左右非対称インサイドアウト構造は、工程のかなり初期の方から仕込まれてゆくのですが、ストレスなく折り進んでゆける工程になってゆける工程となっているのでどうかご安心を」と書かれています。実際に作ってみて、その通りだと思いました。
今回の作品の折り方は『折り紙探偵団 通巻100号』(日本折紙学会)に載っています。

2016年11月12日 (土)

サンタのオーナメント

Img_39661サンタのオーナメント(Santa Claus Ornament 小松英夫さん創作)です。」150mm*150mmの紙一枚で作りました。32工程で出来ました。この作品は支えてないと倒れてしまうので、頭部にヒモなどを付けてクリスマスツリーに飾ると良いと思います。

今回の作品の折り方は『第17回折り紙探偵団コンベンション 折り図集』(日本折紙学会)に載っています。

2016年11月11日 (金)

サンタクロース

Img_39651サンタクロース(Santa Claus 堀口直人さん創作)です。150mm*150mmの紙一枚で作りました。38工程で出来ました。画像では良く分からないと思いますが、立体的な作品です。それと、隠れていますがこのサンタさんは後ろに袋を持っています。クリスマスまで一ヶ月半になりましたが、別のサンタさんや、クリスマス関連の作品をこれからも作っていきたいと思います。

話は変わりますが、今日、11月11日は「おりがみの日」です。数字の1を正方形の一辺に見立てて、1が四つで正方形の折り紙を表しているということで「おりがみの日」に制定されたそうです。さらに、11月11日は第一次世界大戦の休戦条約が調印された日で、世界平和記念日でもあります。折り紙の平和を願う心と通じるものがある、というのも制定の理由だそうです。
今回の作品の折り方は『第20回記念 折紙探偵団 国際コンベンション 折り図集』(日本折紙学会)に載っています。

2016年11月 9日 (水)

サンタクロースとクリスマスツリー

Img_39641サンタクロースとクリスマスツリー(丹羽兌子さん創作)です。サンタさんは150mm*150mmの紙一枚ずつで頭・体をそれぞれ作り、組み合わせました。頭は6工程、体は7工程で出来ました。

袋は75mm*75mmの紙一枚で作りました。本来、袋は白色と思いますが色紙(しきし)の色が白で目立たないので今回は可愛い図柄の紙で作りました。
ツリーの上の葉は50mm*50mm、中の葉75*75mm、下の葉100mm*100mmの紙一枚でそれぞれ作り、組み合わせました。シンプルで素敵な作品だと思います。
今回の作品の折り方は『きりがみ&おりがみで紙あそび』(丹羽兌子監修:株式会社泉書房)に載っています。

2016年11月 8日 (火)

おかっぱの女の子

Img_39571

Img_39591 おかっぱの女の子(Girl in bobbed hair 白井和子さん創作)です。
上段は150mm*150mmの紙一枚で頭(Head)、体(Body)をそれぞれ作り組み合わせました。頭は「ざぶとん基本形」から9工程で、体は15工程で出来ました。
下段右側は上記の作品に帯を付けました。右側は75mm*75mmの紙で頭・体をそれぞれ作り組み合わせました。最後に顔を描きました。七五三の「女の子」のイメージで可愛いと思います。
今回の作品の折り方は『月刊おりがみ』2008年11月号(No,399)に載っています。

2016年11月 7日 (月)

ハートのメモ

Img_39611ハートのメモ(Heart Memo Paper 山口真さん創作)です。左側は75mm*150mm、右側は150mm*300mmの紙一枚で、それぞれ作りました。20工程で出来ました。開いた場所にメッセージがを書くことが出来ます。

この作品は、クリスマスやバレンタインの時期にプレゼントに添えるメッセージカードに最適だと思います。
今回の作品の折り方は『かわいい実用おりがみ』(山口真著:ソシム株式会社)に載っています。

2016年11月 4日 (金)

クロワッサン

Img_39631クロワッサン(川村みゆきさん創作)です。75mm*150mmの紙で一つのユニットを作り、そのユニットを12個組み合わせて作りました。

左側のユニットを作る際に裏面の紙が出る様に作ると、右側の作品が出来ました。今回の作品は先月の『折紙探偵団九州友の会第95回例会』で川村先生から教えていただきました。川村先生は丁寧に分かりやすく教えて下さるので完成することが出来ました。
話は変わりますが、このブログを2006年に始めて今月で10年になります。近頃は最初の頃のように頻繁に更新していませんが、マイペースで続けていくつもりです。これからもよろしくお願いします。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31